"ジャニヲ"と"Dヲタ"を拗らせた

関ジャニ∞ / V6 / 時々嵐/TDR/ グーフィ

ふと、渋谷すばるを想う。

2019/1/10更新の横山さんのレンジャーをきっかけに、

先日何となくツアージャムを見ました。

そしてなんか色々思い出しました。

長文にはなりますが綴ってみようと思います。

 

遡れば、4月にすばるくんが発表する1日前、フライングで週刊誌の記事が出回りましたね。

その噂を見た私は元々ソースのない物は信じない性格というのもありますが「すばるくんがそんなことするわけない。何年前の記事だよ。」って鼻で笑ってたんですよね。

でも、翌日本人の口から聞いて、過去にすがって今を見ていないのは私だったんだ恥ずかしくなり、"1秒前からはもう過去" "人間の気持ちは変わっていく"と思い知らされました。

裏を返せば、そう思えるくらいの愛情を関ジャニ∞とEIGHTERに見せてくれていたんですよね。

 

遠い昔、私は「すばるくんはジャニーズに居て満足しているのだろうか。アイドルを楽しんでいるんだろうか。」と思っていました。

でもいつからか関ジャニ∞ってアイドルグループやってます!』って声高々と言うようになって、1人の"渋谷すばる"ではなく、"関ジャニ∞渋谷すばる"が大きくなっていきました。私はそれがすごく嬉しかったんですよね。

バンドもやるようになって、どこかでアイドルっていう肩書を関ジャニ∞にはめて良いのか私自身も迷っていたのだとおもいます。

でも、関ジャニ∞はアイドルでジャニーズなんだって改めて本人から言われたら、なんか腑に落ちちゃったんですよね。うん。

 

そんな中で歌ツアーでDiverCity入る事になったんですが、途中で「関ジャニ∞最高」って叫んだ子が居たんですよね。

次の曲へのスタンバイ時間で客席に背中を向けていたんですけど、その声に対して拳を高々と突き上げたのを見て、関ジャニ∞渋谷すばるなんだなって改めて感じたのを今でも覚えてます。

そして最後には「関ジャニ∞渋谷すばるでした!」と去っていく。最高で最強でした。

 

まぁ、それだけの発言や行動を見てきた上での退所なんですが、今までの発言が嘘だったとはこれっぽっちも思っていなくて、関ジャニ∞がでっかくなっていく中ですばるくんに関ジャニ∞では果たせない新しい目標や夢が出来たんだなと思うわけです。

 

7人で会見を開いてくれて、日本では出来ないことなのか、関ジャニ∞のままできることではないのか…ファンが思うことをメンバーがぶつけてくれて、それでもダメだったんだと伝えてくれて…。

会見でのメンバーの言葉、そして特に大倉くんの言葉に救われたファンは本当に沢山いると思ってます。

私はきっと「悪いけど自分の人生を優先した」という言葉は忘れないと思う。

EIGHTERもそりゃぁ混乱なんですが、この人達も一緒なんだと思えました。

 

なんだかふわふわしたままそれさらの日々を過ごすしかなかったけど、いざその時が来たらすばるくんのラスト出演を各番組が作ってくれて門出にしてくれました。

エイトが選んだ歌を聴いて、ファンに最後だという覚悟を持たせてくれて、本当に恵まれたと思います。

 

何より、渋谷すばるが居なくなるということを前向きに捉えさせてくれたのも、これからの関ジャニ∞渋谷すばるも応援しようと思えたのも関ジャニ∞がたくさんのことを伝えてくれたおかげだったと思います。

 

GR8ESTは初日の7/15からオーラスの9/16まで…ありがたい事に4回参加しました。

多分ですがメンバーと共に少しずつ咀嚼して咀嚼して、6人の関ジャニ∞とすばる君がいないという事を少しづつ飲み込んだ2ヶ月だったのかなと。

 

初めて見た6人の関ジャニ∞はパンチが強くて、涙が止まらなくって大変でしたよ…(笑)

でも、それを否定することなく、慣れない景色でしょ?って優しく言ってくれて、6人を受け入れられないファンの気持ちを無下にすることなく手を取ってくれました。

印象強いすばるくんのパート部分を、誰が歌うんだろうとそわそわするファンの気持ちすらもそっと包んでくれました。

キングオブ男の大サビを1人で歌いきった亮ちゃん、

オモイダマの大サビをすばるくんのように歌ったヤスくん、

ズッコケを1人で前に出て歌いきっちゃう横山さん、

ロマネの冒頭は全員で歌ってくれました。

BJ流れてきて友達と「BJはあかん…」って大泣きしながら聴いたのも良い思い出です(笑)

誰もがすばる君を思い浮かべながら、歌い聴いたあのBJは特別だった。

 

素敵だな、ありがたいな、かっこいいな、最強だな…

なんて陳腐な言葉しか出てきませんが、本当にこの人達を応援してきてよかったなと思うわけです。

 

6人には慣れてきたけど未だに違和感を感じることも多くて、7人の関ジャニ∞をまだ綺麗な思い出には出来ていません。

関ジャニ∞に動きがあれば心の中ですばるくんに報告しちゃうし、土曜日にはゴーグルつけてもぐってんのかなーなんて考えちゃうし(笑)

でもうじうじしてても良いんだって関ジャニ∞が言ってくれましたから。

自分のペースでこれからも応援していこうと思います。

関ジャニ∞のことも、渋谷すばるのことも。

 

まとまりのない文章でしたが、なんか書いててスッキリしました。

ここまで読んでくださった方がいたのであれば、ありがとうございました。

 

最後に、ご存知の方も多いとおもいますが、ネット検索ページ渋谷すばると入力すると、インフィニティが特設ページに飛ばしてくれます。

 

 

エイタメ ジャム (ネタバレ含)

名古屋公演入ったあとの記事です。

そのあと東京入りました。

あれれー、席はほぼ一緒です←

 

名古屋の政策解放席があたり、急遽名古屋に日帰り弾丸で参加してしました。

 

1番メイン側のしかも端っこ!

メンバーのことは横から見る形になりましたが、フロート来た時はだいぶ大きくみれました。

 

エイタメのOPはめちゃくちゃ可愛くて、何が起きるかワクワクさせてくれるようなものでした。

オープニングが終わるとメンバーが階段から登って来ます。

派手な登場ではなくスーッと出て来て楽器をスタンバイします。

この登場の仕方が最高。ゾワってした。

そしてかき鳴らされるハイスピのイントロ!

もうね、この時点でテンションぶち上げ。

からの勝手に仕上がれ。たまんねー!!

私の夢が叶った瞬間でした。

なんなら出て来たかも私の理想でした。

 

もうね、途中からペンライト邪魔でしまった。

 

前半はバンドセッション。

演奏や歌い方でふざけたりして、「やり直しや」なんて言て、「どこから?◯◯から?」なんて話して、まぁ最初からやり直すんですけど、やり直したらその時はその時でふざけて…

何か私が思う大好きな音楽が目の前にあって、それを大好きな人たちがやってて、楽しんでるなって思えて、そしたら胸いっぱいになっちゃって、笑い声が響く中、私はモニター見ながら泣いてました(笑)

メトロックを経験して自信がついたのか、もちろん技術的な成長もあるとおもうし、関ジャムを通じて今までとは違う角度で考えるようなったんだとも思うし、そういう彼らを目の当たりにして、なんて素敵なんだろうって…

 

冬のエイタメでも思ったことですが、エイタメは関ジャニ∞の生き様なんだと本当に思う。

 

だって、冬エイタメのオープニング、

バンドではないNOROSHIから始まるわけで、

前半ほぼバンドスタイルってなくて、

昔やってたみたいにアコースティックコーナーやって、

同じNOROSHIのバンドで本編終わるんですよ?

最高にかっこよくないですか?

アンコールも含めてですが、未来があるからこれから続くようなセトリ構成。

そしてジャムは完全バンドスタイルから始まり、フェスを再現してくれてるかのような流れ。

エイターが見れなかったものを見せてくれたそんな感じ。

MC開けると改めて注意喚起があって後半戦。

ナレでもあるように、ここからはバンドなしのアイドル丸出し。

 

バンド始まりでこんなこともできるよって言うのを見せられたと思ったら、歌って踊る後半戦。

「俺らバンドじゃなくてアイドルだから」っていう言葉を体現してるみたいに私は思えた。

パンフレットを見るとよりわかるけど、みんながそれぞれ同じ方向を見てる。

それが「アイドル」っていうジャンル。

 

冬エイタメはこんなことやってましたっていう過去の振り返り。

だから360度だったのかなって今は思う。

夏エイタメは今とこれから。

本編ラストが「今」でアンコールラストが「青春の全て」なのも良いですよね。

これは関ジャニズムでのLIFE→オモイダマとちょっと似てる気がする。

今と青春のすべてが逆じゃないことと、そこに納得する自分に、歳を重ねたんだなって思ってしまったり…。

結局のところ未来が見える終わり方だった。

 

セトリや構成だけをみても夏のエイタメは最高なのだけど、冬のエイタメがあったから夏のエイタメがあるんだなって思う。

 

とにかくとてもとても良いライブです。

あと2回参加できることを心から嬉しく思います。

 

 

ジャニーズWESTにハマりました

アルバムはとりあえず借りてたんですけど、

最近になってやっと聴いた「なうぇすと」

それがなんとも衝撃的で、

そこから一気に転がり落ちました。

 

ブルーレイを全て集め、

FCに入り、初回CDがあれば買う。

ここまで2週間たってません。

 

もともとB.A.Dや濱ちゃんは知ってて、

親心的目線で応援はしてたけど

ただのお茶の間ファンでした。

 

だからこそなんとなくアルバムを借りました。そしたら、バライティ豊かさと、

歌のうまさ、表現力に衝撃を受けて、

一気に興味湧いて、

この子たちのライブが見たいってなって、

ラッキィィィィィィィ7かって、

ライブでも歌うまくて、

ダンスも上手くて、面白くて、

そしてあふれ出る人の良さ。

 

あっという間にハマりましたw

これからジャス民としても

生きていこうと思います! 

関ジャニ's エイターテイメント(ネタバレ・マイナス感想あり)

東京16.17と参加してきました。

 

今回の360でしたね。

360はアリーナ席だととても見にくいので不安でした…。

有難い事に今回はスタンドを当てたので、比較的見やすい感じではあったんですが、きっとアリーナの人はまともに見れなかったんではないかなとおもいます。

その上場所によってはほぼ横向きだったり、後ろ姿だったりするわけですから… 

それにしても、今回アリトロばっかで、スタンド外周くるのは下段向けと上段向け、各1回ずつ…あんなに置いてけぼりくらったのは初めてです…

花道4本あったので、その先にあるステージに近い人は良かったんでしょうがね…

スタンドの上段で見た時は「近くに来てくれた」って気持ちが強いので1回でも全然濃いんですけど、下段に対する対応はいつもより少ないように感じました。

360なのでスピーカーが4本伸びるわけですが、私は見事に両日丸山隆平さんにかぶってベースが見れませんでした… 

なんてこったい!

 

セトリとしてはですね、日替わり曲かな。

ドキドキてましたが、私の時は「I to U」「ローリングコースター」だったので、すごく興奮しました。

 

セッションは「LOVE YOU ONLY」でしたが、みんなで歌うのが楽しかったなー。

その頭「東京なにくそ 」って歌で、エイトらしいなーって思いましたね。

象もカッコよかった。象も関ジャニ∞の大きな1曲になるんだろうなって今回改めて思いました。

アホだから上手く伝えられないから、カッコいいって言葉ではない済ませてるけど、カッコいいって言葉には色々含まれてるんですよ(笑)

 

色々期待しすぎていた分、思うことはありましたが、歌った曲は一旦置いといて、セトリ構成については関ジャニ∞の生き様を見た気がしました。

 

1曲目、バンドでは無いNOROSHI始まって、本編ラストバンドのNOROSHIで終わる。

もう、その演出がかっこよかった。

 

どんなに他のところで思うことがあっても、でもあのラストよかったしなぁって思っちゃう。

 

それに、今回は終始みんなニコニコしてて、暖かい雰囲気だったので、ほっこりしました。

 

そんな雰囲気の中で歌われるイツマイのすばるくんの大サビは、たまらなかったですね。

 

 

最後のあいさつ、大倉くんでしたが、私大倉くんの挨拶苦手なんです…実は。

私が入った時、「なんでエイトなのに7人なの?って今でも言われる」って言ってて、じゃぁそれに対してなんて答えるのがせいかいなの?って。

11年弱ファンやってる私がわからないのに、他の人にどうやって説明するのが正解なの?ってちょっとモヤモヤイライラすらしました。

今でも分かりません。

 

アンコールのラストは雛ちゃんだったので、結構スッキリ見れましたけどね。

いつもすばるくんが言ってくれてた、私が生きる糧になる言葉があるんですけど、今年はすばるくんの挨拶なくてそわそわしてました。

そしたら、雛ちゃんがって言ってくれて、また頑張ろうって思えました。

私はライブのために頑張ってる。

 

やっぱりそう思います。

 

また夏と冬にライブ行けることを願って頑張ります。

 

らいどーん

どうもす。

関ジャニ∞のパノラマをフラゲしましたよ。

…っていう昨日書き始めた記事です

 

オロナミンCを聞いた時から

メロは好きだったんですけど、素敵。

イントロからのサビ。

すばるくんと丸ちゃん(ヤスくん?)の2人だけ。

シンプルだけどあったかくて、

泣きそうになったよ…w

 

王様クリニックはお洒落だし。

雛ちゃん慣れてきてますねw

言葉選びが面白くて好き。

 

steal your loveはメロディも歌い方も好き。

でも歌詞の中に出てくる女の人が

どうにもこうにも気に食わないけど。

大倉くんなら歌い方が終始合ってて、色気があって、本当けしからん。

亮ちゃんの声が大倉くんとあってて、

ハモとか凄く綺麗だなぁと。

 

シークレットではヤスくんが

各楽曲の解説とか自分の考えを話してて

ここまで私得。

 

PVはみんなの表情良いし、

丸ちゃんがのりのりだし、

振り付けも可愛いと思ってる。

そしてメイキングの丸ちゃんが…

丸ちゃんが…素敵すぎるー♡

 

 

全体通して私好みで、

なんとも贅沢な1枚となりました。

 

ライブが楽しみだよぉ!!

アルバム出す気配ないので、

ユニット曲期待しても良い…よね?